桑の葉茶を飲んではいけない時 注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gf1420054392

桑の葉茶について効能や効果に関する書籍はたくさんあります。ただ、一番気になる「飲んではいけない時」については、なかなか目にしたことがありません。

私は、医師ではありませんからもちろん専門的なことはわかりません。桑の葉茶も薬ではありません。健康食品の一つで「お茶」です。たくさんの栄養素が含まれているのでただの「お茶」ではないにしても「お茶」です。先日、参加した桑の葉の勉強会の中でも耳にしましたが、「飲んではいけない時や、飲まない方が良い時、など良くないと言われる結果は出ていないし、聞いてもいないけれども、私たちは医師ではないし薬を処方しているわけでもないから、みなさんに自分の体調と相談しながら飲んでいただく他ないし、自分には合わないと思われたら飲まないでいただくのが一番です。」ということでした。

持病がある方は医師にご相談を

ただ、桑の葉茶にはカリウムも含まれているので、人工透析をされている方は飲まないでいただくのがよろしいかと・・・・・他にも、持病があり薬を常用していらっしゃる方々は先ず、主治医の先生とご相談していただくのが賢明とのことでした。桑の葉茶は、今ある健康をできるだけ長く維持するための健康補助食品なわけですから、自分に合うものを選んでいただいて気持ちよく続けられるものがいいと思います。

確かに栄養素が豊富で生活習慣病の一つでもある糖尿病にも効果があるとされていますし、色々な症状も改善されているという研究結果も多く出ていますから、体にとても有効な健康食品であることは確かです。何よりもご自分に興味を持っていただいて体の変化を敏感に感じていただきながら、「飲んでもいい時」、「飲まない方がいい時」をそれぞれのご判断で決めていただくことが一番良いように思います。

私も、桑の葉茶の一ファンであり、愛飲者でしかありませんから、あくまでも実体験として感じたことや、変化したことしかお伝えできませんが、特に病気もなく、健康な人にとって「飲んではいけない時」などないのではないかと思えるほど、個人的には身体的にも精神的にも体調が良くなりました。色々な意味で桑の葉茶には調整作用があると感じています。

私は医師ではありませんので専門的な検知からお伝えできることはありません。ただ、不安な事や疑問に思った事をそのままにしておかないことも桑の葉茶に限らず、健康食品を口にする時のルールのような気がしています。製品を見極める力も注意点の一つかもしれませんね。

 

関連記事

石井まゆみプロフィール

桑の葉ダイエッター 石井まゆみ
フラワーデザイナー/カラーセラピスト
プロフィールはこちら