桑の葉茶のおしゃれな飲み方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Fotolia_62571750_S

桑の葉茶のおしゃれな飲み方を探してみることに・・・・・「おしゃれな」このキーワードがなかなか難しいわけです。桑の葉茶は、抹茶と同じ色ですから、混ぜるドリンクの色によっては「おしゃれな」どころか!?とうてい美味しくなさそうな色になりますが、そこのところは軽く気づかないふりをしながら探してみることにしました。

桑の葉茶を何に混ぜる?徹底的に試しました!

先ずは、誰もがイメージできる牛乳からはじめてみましょう・・・と、200mlの牛乳に約1gの桑の葉茶を入れてかき混ぜて出来上がりですが、見た目は抹茶ラテです。私は、薄めのものでも美味しいと感じましたが桑の葉茶を多く入れて鶯色ぐらいでグラスに、そして上に薄いグリーンの生クリーム(桑の葉茶入り)を乗せて上にミントを一枚飾ればカフェで出てきそうな「おしゃれな」ドリンクに変身です。おしゃれなだけでなく、血糖値の上昇を抑制してくれる桑の葉茶入りのドリンクですから言う事ないですね。

他にも、ココア、小豆ラテ、豆乳、ヨーグルトドリンク、ノンカフェインコーヒー、紅茶、普通のコーヒー、紅茶、カルピス、サイダー、コーラ、トマトジュース、しょうが甘酒、昆布茶、梅昆布茶、と「おしゃれな」飲み方を探してチャレンジしてみました。が、炭酸系の飲み物は、炭酸が抜けてしまい頼りない感じの飲み物に・・・・

ココア、小豆ラテ、は色も変わることがなく、コクが出てまろやかになり美味しく感じましたが、「おしゃれな」というテーマに仕上げるのは少々難しいです。

豆乳、ヨーグルトドリンクは、牛乳と同様に仕上げれば「おしゃれで美味しいドリンク」に変身します。

ノンカフェインのコーヒーと紅茶は、コーヒーともかく紅茶は色が悪くあまり美味しそうには見えませんが、コーヒーも紅茶も香りが高くなり、コーヒーは本来の苦みがでて、逆に紅茶は渋みがなくなりました。おしゃれではないけれど、好きなコーヒー、紅茶を妊娠中でも楽しんでいただけるのではないかと思います。もちろん、桑の葉茶もノンカフェインですから大丈夫です。

では次に・・・・カルピスは、カルピスだけで飲んでいただくのが良いようです。

トマトジュースは、野菜ジュースの色に変身です。トマトジュースに先に桑の葉茶を混ぜてから、最後に炭酸を加えると夏にぴったりのさわやかなヘルシードリンクになります。グラスの口にプチトマトやミントでも飾って、赤いストローをさせば完璧かと・・・・

他にも、しょうが甘酒、昆布茶、梅昆布茶などもおしゃれに変身させられないかとチャレンジしてみましたが、おしゃれに変身させられる方法が見つかれば教えていただきたいです。しょうが甘酒は、甘さがまろやかになり、昆布茶、梅昆布茶は香りが高くなり美味しいです。

アルコール類に桑の葉茶は?

ソフトドリンクだけでなく、アルコール類はどうでしょうか?ビール、缶酎ハイ、焼酎、日本酒、ワイン・・・・・ビール、缶酎ハイなどの炭酸を含むものには桑の葉茶は混ぜずに、桑に葉茶を飲んでからビール、缶酎ハイ、と、流れていただくのがよろしいかと思います。「おしゃれ」に仕上げるのは難しかったです。

焼酎、日本酒は、まろやかになり美味しいですし、色も爽やかなグリーンですからグラスでいただけばそれだけでおしゃれなお酒に見えます。ワインは、どうぞそのままのワインとしてお召し上がりくださいませ・・・・・・

桑の葉茶を「おしゃれな」のテーマのもとに仕上げるのは少し難しい事でしたが、数々の新しい発見があったことは言うまでもなく、桑の葉についての興味が深まりました。ただ、私の想像力はこれが限界・・・・皆様が自分なりの「おしゃれな飲み方」に出会われた時にはぜひ教えてください。楽しみにお待ちしています。

関連記事

石井まゆみプロフィール

桑の葉ダイエッター 石井まゆみ
フラワーデザイナー/カラーセラピスト
プロフィールはこちら