喫煙による高血圧を桑の葉茶で予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
af9920056291

最近は、たばこの吸えるところを探さなくてはならなくて愛煙家の皆様にとっては不便な世の中になったとお思いではないでしょうか?「百害あって一利なし」とまで言われるたばこですが、これがなかなかやめられないわけです。私も五年前までは、やめられない人の一人でしたからわかります。でも、たばこが体に及ぼす影響はかなりのダメージがあるようです。

「たばこの煙には多くの物質が含まれており、循環器への影響は主にニコチンや一酸化炭素によるものです。たばこを吸うとニコチンが交換神経を刺激するために血圧が上がり脈拍が増えます」(国立循環器病センターのホームページより)

たばこが血圧の上昇に影響を与えているのは確かの様です。また、

「高血圧とは、血管に強い圧力がかかりすぎていること。❘中略❘長年かかって密かに血管を蝕んでいく。そのため「サイレント・キラー」とも呼ばれる恐ろしい病気なのですよ」(厚生労働省のホームページより引用)

と、厚生労働省のホームページにも書かれていました。もちろん禁煙することができれば最良でしょうが、なかなかそれもすぐには難しい・・・・となれば、何かで補うしかないですよね。

無農薬、無添加のものを手にすることが多変な現在では、たばこだけでなく、お水や食材の中にも体に有害な物質は数多く含まれていますから、知らず知らずの内に体にため込んでしまっている有害な物質を少しでも分解し体に蓄積させないために、また、今の健康を少しでも長く維持するために健康補助食品やサプリメントを常用していらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

桑の葉茶を飲むだけで必要な栄養素を補助

桑の葉茶もその健康食品の内の一つです。たばこに含まれているニコチンが原因で血管が収縮し血行を悪くするだけでなく、それに伴い血圧も上昇させます。また、活性酸素も増えるので体の酸化(体の老化)が進むともよく耳にします。たばこを吸うとビタミンCが失われると言いますから、喫煙者は意識してビタミンCを取ることを心がけるべきとも言われています。ビタミンC、ビタミンE、フラボノイドは活性酸素を抑える抗酸化作用があり、ビタミンCとビタミンEを一緒に取ることで相乗効果が期待できるようです。それぞれ必要な栄養素が含まれた食品を毎食ごとに取ることはかなり大変なことですが、桑の葉茶にはその栄養素が全て含まれていますからお茶を飲むことで必要な栄養素を取ることができればそんな楽なことはありませんね。日常に飲んでいるお茶を桑の葉茶に変えるだけでいいのなら、たばこをやめる努力をするよりずっとずっと簡単です。もちろん、禁煙する努力も必要な事ではありますけど・・・・

私も、喫煙者でしたからやめられない人の気持ちはよくわかりますが、でも、やめるきっかけは意外に簡単だったりします。まず、「たばこをやめる!」と決めない事、吸いたくなったら吸う。何よりもストレスをためない事が大切です。「悪い癖は直せばいい・・」という気楽な感じでゆるい努力を桑の葉茶を相棒にチャレンジされてはいかがでしょうか?

関連記事

石井まゆみプロフィール

桑の葉ダイエッター 石井まゆみ
フラワーデザイナー/カラーセラピスト
プロフィールはこちら