「疲れが取れない」原因は肝臓の機能かも❘桑の葉茶で改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tukare

肝臓は「体内の化学工場」と呼ばれているようですが、人が生きていくために重要な働きを持つ臓器であることは確かです。もちろん、人の体の中で不必要なものなどないわけですけど・・・・・・・

ある本にはこんなことも書かれていました。

「肝臓は、人体最大の臓器で、栄養素の代謝や、アルコールなどの有害物質の解毒、脂肪の吸収を助ける胆汁の生成など非常に重要な役割を担っています。肝機能が低下すると、栄養素の供給が滞り、体内の毒物や老廃物が排泄されず蓄積され、血行が悪くなり、倦怠感や疲労感などの症状があらわれます。肝臓のおもな病気には肝炎や肝硬変、脂肪肝などがありますが、肝臓は「沈黙の臓器」といわれるほど症状が現れにくいのが特徴。」(おいしく健康をつくるあたらしい栄養学  吉田企世子(女子栄養大学名誉教授)監修/ 松田早苗(女子栄養大学短期大学部准教授)監修/より引用)

肝臓の働きを整理してみると

体内の化学工場と呼ばれる肝臓の働きを簡単に整理してみると、食べ物から吸収した栄養素をそのままの形で使うことはできないから、吸収した栄養素を別の形に変えて肝臓で貯蔵、それらを必要な時に分解して必要なところへエネルギーとして送り出してくれるわけです。つまり人が生きていくうえでの生命維持装置みたいなものですね。また、お酒を飲んだ後にアルコールを分解してくれるのも肝臓です。(解毒)そこで、そんな大切な肝臓が健康であるために、必要な栄養素を調べてみるとビタミン、ミネラルが有効で食物繊維も重要であるという事のようです。

桑の葉茶を飲むだけで必要栄養素を吸収

となれば、桑の葉茶の出番ですね!ビタミンもミネラルも食物繊維も豊富な桑の葉茶。それぞれの栄養素をそれぞれに摂取することはなかなか大変で続かない事の方が多いかと思います。でも、お茶を飲むだけでその栄養素が取れるなら、続けられますね。

「継続は力なり」、続けられないとどんなにいいものに出会っていても意味がありませんもの・・・・・・途中で止めてしまったら、それこそもったいないですものね。「体内の化学工場」をいつまでも健康で稼働させ続けるためにも今日から桑の葉茶をお気に入りの一つに加えてみていただいてはいかがでしょうか?

関連記事

石井まゆみプロフィール

桑の葉ダイエッター 石井まゆみ
フラワーデザイナー/カラーセラピスト
プロフィールはこちら