【裏技】桑の葉茶ダイエットー粉末だからどこにでももっていける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
af0180019904

桑の葉茶でダイエット大作戦を続けていく上で大切な事は、飲めない時を作らないことです。

外食だから飲めない旅先だから飲めない、などの理由で飲めない日を作ってしまうことが思うように痩せない原因になります。「いつでもどこでも、必ず飲む!」という事が必須です。

そのためには、常に桑の葉茶を持ち歩いていること大切です。

 

「裏ワザ」に気づくまでの私!

桑の葉茶でダイエットを始めてから、当初はマイボトル(水筒)どこへ行くのも持ち歩いていました。出張の時も、外食の時も、とにかく飲めない日をつくらないと決めて・・・・・・外食時にレストランに入る前に木陰でクイクイと飲んでから入る、といった具合にです。ただ、マイボトルは空っぽになっても持ち歩かなければならない、これがけっこう重いし荷物にもなるわけです。そんな時に友人がバッグの中から取り出した小さなボトル、中には桑の葉茶が入れられていました。携帯用の化粧品を入れるミニボトルに桑の葉茶を入れて持ち歩いていることを見せられて!?目からうろこでした。

 

手軽に持ち歩くための「裏ワザ」!

ミニボトルは、どこでも手に入る携帯用の化粧水などを入れるもので、ボディが柔らかい物がベストです。サイズは色々あるので、自分の使いやすいサイズを選び常に持ち歩けるようにすれば、いつでもどこでも、食事の前、お酒の前に桑の葉茶を飲むことができます。桑の葉茶は微粉末ですからかなり手軽にバッグの中に納まります

また、いたるところにコンビニがある時代ですから、お水だけを買えばすぐに桑の葉茶をつくることもできます。この裏技のおかげで、マイボトルを持ち歩かなくていいので外出時も楽になりました。マイミニボトル!!おススメです。

関連記事

石井まゆみプロフィール

桑の葉ダイエッター 石井まゆみ
フラワーデザイナー/カラーセラピスト
プロフィールはこちら